みんなと同じようにPC操作をしたい。その願いのお手伝いができたらうれしいです。

「できマウスS。」

【重要】「できマウスS。」の販売は終了しました。後継機の「できマウスS2。」をご検討ください。
「できマウスS2。」は、「できマウスS。」の上位互換機となっております。「できマウスS。」など所持している場合は、アップデートが可能です。

【重要】[iOS/iPadOS13]「できマウスS。」ご利用時のお願い

iOS/iOS13では、
◉スイッチ4個モードでスイッチコントロールを利用する際は、AssistiveTouchのマウスキー機能を”オフ”にしてください。

スイッチ4個モードでは、上下左右の矢印キーを利用しています。AssistiveTouchが”オフ”でも、その中のマウスキーが”オン”のままの場合、上下左右の矢印キーが横取りされ、スイッチコントロールでスイッチ4個モードでの操作ができなくなります。
マウスキー機能とは、Tenkeyとカーソルキーでマウスカーソルを動かす機能です。

なお、「できマウスS。」は、iOS/iOS13で採用されたAssistiveTouchのマウスカーソル操作に対応しております。
ちょっと、ややっこしくなりますが、「できレバースイッチ3S。」を併用する場合は、スイッチ4個モードでAssistiveTouchのマウスキーと滞留コントロールを”オン”にしますと、レバースイッチでマウスカーソルを動かし、一定時間とどまると選択されます。


新モデル「できマウスS。」を発売開始しました!
「できマウス。」は、2001年から発売いたしており、「できマウス3。」「できマウス3A。」「できマウス3Ai。」と皆様の愛ディアを形にしてまいりました。おかげさまで2019年1月で完売いたしました。当初から金属ケースを採用しておりましたが、ケース提供元の廃業により、同型の製造ができなくなりました。
現在、新モデルの「できマウスS。」の発売を開始いたしました。今度は、プラスチックケースになり、より小型軽量になり、性能も上位互換となります。
「できマウスS。」は、従来機能にさらにマウスやキーボードの機能も提供いたしますので、一人三役といった製品となっています。
タッチPCではタッチするとマウスカーソルが消えますが、その再表示機能もあります。Windows10特有の機能も有しております。
対応OSは、Windows・iOS・macOS・Androidです。携帯電話でも利用できます。
すでに今までの「できマウス。」をご購入の皆様には、お礼価格を用意いたしました。ご注文の際に備考欄にシリアル番号をご記入ください。(一つのシリアルに対し1回のみ有効となります。)
視線入力の決定のためのスイッチBOXとしても利用できます。(初代「できマウス。」からも利用可能)

[ニュース] 2018年iPad Proでは、「できマウスS。」は、USBtypeCアダプタを接続するだけでスイッチコントロールの利用ができます。また、「できマウスS。」に接続したスイッチでSleepからの復帰もできます。
USBtypeCアダプタを使用できるiOS製品では、 純正カメラKitは不要です。

Lightning – USBカメラアダプタのサイトはこちらです。
なお、「できマウスS。」に接続した外部スイッチでiPadのSleepからの復帰を利用者ご自身でおこなう必要が無い場合は、こちらの製品でも構いません。




「できマウスS。」は、スイッチをPCに接続するための機器です。 「できマウスS。」は、WindowsややMacPCやAndroid PC(携帯)のUSBコネクタに接続します。 iPadなどではApple純正Lightning – USB 3カメラアダプタを併用します。Windows PCでは、「できマウスS。」に接続したスイッチには、自由にマウスやキーボードの機能を 割り当てることができます。iOSではスイッチコントロールに対応し、MacPCでは、Mac標準搭載のスイッチコントロール機能や、SwitchXSで利用できます。Androidでは、ユーザー補助のスイッチアクセスにも対応しています。
「できマウスS。」は側面に拡張コネクタがあります。オプションとしてスイッチ8個までと電源供給が可能となります。(当面はGamePadモードで利用)
AT2EDサイトに掲載されております。

カタログ・取扱説明書

PDFファイルとして、入手できます。
「できマウスS。」ってニャーに?「できマウスS。」ユーザーマニュアル「できマウスS。」簡単設定マニュアル「できマウス。」の仲間たち

「できマウスS。」の仕様

項目 解説
1.名称 「できマウスS。」
2.機能 スイッチやセンサーをパソコンに接続する仲立ちをします。PCによっては、「できマウスS。」に接続したスイッチでスリープから復帰できます。(iPhone や Android 携帯電話は復帰不可)
Windowsの視線入力の決定キーとしても利用できます。
3.電源 不要(USB端子から供給されます。) 消費電流は10mA以下です。
4.外観 横35mm 縦75mm 高12mmのプラスチッキケース(黒)に入っています。ケーブル先端にUSB端子が付いています。
5.重さ 約30g
6.安全対策 ポリスイッチ(再生可能なヒューズ)を搭載
7.USB規格 USB1.1準拠・電源管理対応・VendorID取得
8.対応OS Windows10/8.1/7/ iOS/ macOS/Android6.0以降
iOSやmacOSのスイッチコントロールに対応
Mac支援アプリSwitchXSで利用できます。
Androidのスイッチアクセスに対応
9.操作モード GamePadモード/マウスキー1個モード/スイッチアプリAモード/スイッチアプリBモード/スイッチ4個モード/マウスモード
*ピエゾスイッチでのご注意
操作モードの切り替えは外部スイッチをONしたままUSB端子に挿入して設定します。そのため、ピエゾスイッチでの操作モード切替はできません。操作そのものは可能です。
10.コネクタ 側面に10ピンコネクタが付いています。オプションのケーブルなどでスイッチ8個と電源供給ができます。
11.オプション 「できレバースイッチ3S。」と拡張コネクタ用のケーブルを発売予定。

 

「できマウスS。」のQ&A

質問 回答
1.「できマウスS。」ってマウスですか? いえ違います。スイッチなどでパソコンを操作する際、スイッチとパソコンの仲立ちをするものです。
2.接続できるスイッチはどのようなものですか? 市販・自作を問わず、スイッチのケーブルの先端にイヤフォンの先端の端子と同じ端子が付いていれば接続できます。
3.「できマウスS。」はどこに接続するのですか? パソコンや携帯のUSB端子に接続します。iPadではApple純正Lightning – USB 3カメラアダプタを併用します。
4.CDが付属していますか?、
何をするものですか?
いいえ、附属いたしません。ただし、「できマウスS。」または「できマウス。」のユーザーは、無料でダウンロード版をインストールできます。
ダウンロードサイトを開くにはパスワードが必要です。パスワードが分からない場合は問い合わせサイトからシリアル番号を記して送信してください。
「できマウスS。」のWindowsモードでのマウスキーモードやAndroidやMacでの利用の際は、機能のためのアプリのインストールは不要です。
5.「できマウス。」の仲間たちから何をインストールすれば良いのですか? 「できマウス。」の仲間たちはWindowdsのみ対応しています。GamePadモード以外やHeartyLadder、また視線入力の決定機能で利用する場合はインストールは必要ありません。たとえば、マウスのカーソル移動操作はできるがマウスのボタン操作が困難な場合は、「できクリック。」、スイッチでマウス操作をしたい場合、モールス信号のように、スイッチ操作ができる場合は、「できチョンツー。」、 などのように、必要なソフトをインストールしてください。「できチョンツー。」はブレーキ機能も持っております。
6.「できマウスS。」の操作モードを教えてください。 「できマウスS。」は、操作モードが6つあります。
GamePadモード:従来の「できマウス。」互換です。このモードでは、「できマウス。」の仲間たちと称するCDを利用できます。また、HeartyLadder・Peatなどの操作やWindowsのスクリーンキーボードのスキャンン操作ができます。MacのスイッチコントロールやSwitchXSの操作ができます。
マウスキー1個モード:スイッチ1個の長短ONの組み合わせで、マウスやキーボード機能を利用できます。スイッチを①に接続して利用します。スイッチを➃に挿入すると、視線入力OriHimed eye+SWの決定キーとして機能します。
スイッチアプリAモード:iOSやmacOSのスイッチコントロールでも機能します。Space/Enter/→/←の信号が各端子から出力されます。
スイッチ4個モード:iOSやmacOSのスイッチコントロールの長押しに対応します。↓/ ← / ↑ / → の信号が各端子から出力されます。
スイッチアプリBモード:iOSやmacOSのスイッチコントロールでも機能しますドロップトークやトーキングエイドfor iPadで利用できます(スイッチコントロールOFFで利用します)。
Space / Enter / k /l(エル)の信号が各端子から出力されます。
Androidのスイッチアクセスでも利用できます。
マウスモード:iOSでマウスを利用してポインターを動かして使う場合に利用します。ピエゾスイッチで利用可能です。(動作未確認)
7.スイッチは、最大で何個まで接続できますか? 標準でスイッチは4個まで接続可能です。側面の拡張コネクタに発売予定のケーブルを接続しますとスイッチは8個まで接続可能で、電源供給も可能です。
8.MacやAndroidで使えますか? はい、使えます。Androidではユーザー補助のスイッチアクセスにも対応しております。また、スイッチOnの長短でマウス機能が利用できます。

「できマウスS。」がMacのスイッチコントロールに対応!
「できマウスS。」がMacのスイッチコントロールに対応!

macOSスイッチコントロールに対応しています。
また、MacのSwitchXSでも利用できます。
9.視線入力の決定キーとして利用できますか? はい、次の視線入力アプリの決定キーとして利用できます。
miyasuku SW/Hearty Ai/Orihime eye/Windows10標準搭載

 

「できマウスS。」の開発日記

2018.10.01 「できマウス3Ai。」後継機の開発に着手
2018.10.05 「できマウスS。」のプラスチックケース加工を発注。
2018.12.11 「できマウスS。」のプリント基板改版Aを発注。
2019.01.05 「できマウス3Ai。」のプログラム領域を95%から無駄を省いて80%とした。
2019.01.17 マルチメディア機能を埋め込み、ボリューム変更できた。Windowsでドライバーエラーになる。
2019.01.18 MultiMediaKey2を組み込んでみた。Windowsでもドライバーエラーとならなくなった。
2019.02.09 MultimediaはHOMEを除いてOK。
2019.02.12 回数モードの判定がおかしくなったが、削除したiOSMouseModeを復活させたら回復した。
2019.02.17 Appleモードで使う長短判定ができた!
2019.02.18 AppleモードでSW2の長押しでSleepができた。
2019.02.19 WWW HOMEは無視されるようだ。WWW Searchは有効!MultiiPadKey定義を使用するOK!
2019.02.27 HOMEキーが機能した。トリプルホームも機能した。USBのDescripterを改版。
2019.03.02 ソースを分かりやすくした。OneButtonMouseModeを定義した。
2019.03.03 ほぼできた!
2019.03.04 Sw4ButtonEventのリピート機能完了。
2019.03.09 OneButtonMouseEventの操作を0000までとした。
2019.03.09 OneButtonMouseEventの操作を000カーソル移動中は停止してゆっくりモード/停止中は右ボタンに変更。
2019.03.10 「できマウスS。」発売開始
2019.03.10 SW2長押しでマルチメディア対応は、スイッチアプリAとBとスイッチ4個モードする。シリアル1004から。
 
トップに戻る